ダイレクトメールの魅力に迫る!発送費を抑えて効果的な宣伝を!

ダイレクトメールの発送費用の悩みは業者との協力で克服できる!

ダイレクトメールの魅力に迫る!発送費を抑えて効果的な宣伝を!

はがき

ダイレクトメールって何?

最近では、企業がインターネットを活用して宣伝する方法が増えていますが、まだまだオフラインによる宣伝も効果があるでしょう。オフラインによる宣伝方法として挙げられるのが、ダイレクトメールです。DMと呼ばれる場合もあります。ダイレクトメールは、個人や法人宛に、直接、商品やカタログをご紹介する宣伝方法になります。ダイレクトメールは、チラシに比べると発送費などのコストがかかると言われており、新規顧客のために行うよりも、既存顧客のリピート率を上げることを目的に活用される場合が多いです。また、ダイレクトメールは、顧客の過去の購入履歴などをもとに、セグメントして送ることができるので、宣伝の効果を上げることができます。

魅力あふれるダイレクトメール

ダイレクトメールを活用することで、顧客へ多くの情報を伝えることができるメリットがあります。チラシと違って、カタログや小冊子にまとめて商品や企業をPRすることができるのです。また、顧客の反応を分析することができることも魅力です。ダイレクトメールに商品のクーポンやサンプルを同封した場合の効果を計測することができます。計測結果をもとに、カラーなどのデザイン性を工夫することで顧客の反応率を向上させることができます。

発送費を抑えるには業者を活用すると便利

ダイレクトメールには、顧客に伝える情報を多くしたり、反応率を分析することで、宣伝効果を高めることができるメリットがありますが、発送費用がかかってしまうデメリットがあります。したがって、ダイレクトメールを活用する場合は、コストを抑えることを考える必要があります。コストを抑えるためには、郵送のコスト削減に協力してくれる業者と相談すると良いでしょう。インターネットを活用すれば、ダイレクトメールの発送をサポートしてくれる業者を見つけることができます。Webサイト等を参考にして、料金体系やサービス内容を比較しながら、コスト削減を効果的に行うことのできる、自社に合った業者を選びましょう。

更に安心して宣伝を行うために

上述したように、企業のオフライン宣伝としてダイレクトメールの活用は魅力的です。そして発送費を抑えるために業者を活用することで、さらに効果的に宣伝を行うことができるでしょう。中には、発送費を抑えながら、トラッキングを行うサービスも提供しているところもあるので、そういったオプションを付けることで、さらに安心して郵送することができます。

業者と協力してさらに効果的な宣伝を!

企業にとって商品の宣伝や企業のPRは大切です。上でご紹介したように、ダイレクトメールを活用することには多くの魅力があります。顧客のリピート率を向上させ、企業の持続的な成長に繋げることができるのです。そして、ダイレクトメールの活用を、さらに効果的かつ安心して行うためにも、業者との協力が必要なのです。自社に合った業者を選び、企業の宣伝効果をさらに高めましょう。

オフライン広告の種類をご紹介!

新聞広告

紙面上の広告枠に企業や商品の魅力をPRする方法です。大手の新聞社だと、掲載するのに多額の資金が必要になると言われています。新聞を購読する人は、年齢層が高いので、PRしたい内容が年齢層の高い層をターゲットにしている場合は効果的でしょう。

折込チラシ

折込チラシは、市区町村単位で活用することができるので、紙面の広告と比べて宣伝しやすいでしょう。地域に密着したイベント、商品の宣伝は、折込チラシが適している場合があります。折込チラシを見てもらえるようにカラーを増やすなど、デザイン性を工夫しましょう。

雑誌広告

雑誌広告の特徴としては、ターゲットを絞りやすい点です。ファッション誌やインテリア誌といったように、雑誌によってジャンルが分かれているので、ジャンルに適した商品を宣伝することができます。長期保存されそうな雑誌に掲載することで、継続的な宣伝効果が期待できます。

ダイレクトメール

直接顧客へ商品の案内やカタログを送る方法です。新規顧客の獲得よりも、顧客のリピート率を上げることを目的にした活用に適していると言われています。冊子にまとめるといった方法などで、一度に伝える情報を多くすることができるメリットがあります。

名刺

意外かもしれませんが、名刺も重要なオフライン広告となります。新しい人と出会ったときなどに自己紹介も兼ねて企業名やサービス内容を紹介することで、宣伝効果が期待できます。自己紹介と一緒に行うことができるので、信用されやすいメリットがあります。

広告募集中